厳選えほんセット | ネット予約 | シリーズ

どろんこハリー(福音館書店)

どろんこハリー   福音館書店 ジーン・ジオン文 マーガレット・ブロイ・グレアム絵 わたなべしげお訳
Amazon / honto
<読者レビュー>を見る

黒いぶちのある白いいぬのハリーは、おふろが大きらい。体を洗うブラシをかくして遊びに逃げだします。軽快なタッチの絵と文が、子どもたちにハリーへの共感の声をあげさせます。
(福音館書店HPより)

どろんこハリーシリーズ

<読者レビュー>
3−4歳の子供たちが、だんだんすこーし長めの絵本にも慣れてきた時、楽しめる本です。 本の色使いはセピアな感じで、普通の絵本よりもシンプルで、また、翻訳本ならではのトーンというものも感じられる本なのですが、そこは、読み手である大人のテクニックが試されるところ。 ハリーのオーナーである子供たちになり切ったり、ナレーションをドラマチックな声で演出すると、なかなかの反応が子供たちに見られます。 少し大きい子供たちになると、自分でこの本を読んだり、「あ、これ英語のKINDYで英語で読んだ」と気づく子がいたり。 小学校低学年になると、同じ絵本でも、大人からのヒントなしで、絵の中にあるたくさんのミステリーに気づいてくれますね。 小学校低学年くらいの子供たちが、レベルに応じて、無理なく、自分で読む練習をするのにもとってもいい本だと思います。 犬の「ぶち」の種類の違いを考える、なんて、とってもいい語彙の訓練です。 (すしたろうさん 女の子8歳)