ご挨拶
 

おーすとらりあ こどもとしょかん をご利用のみなさまへ 御礼申し上げます。

おーすとらりあ こどもとしょかんは、おかげさまで八年目を迎えることができました。
これもひとえに会員の方々からいただくご愛顧の賜と、心より感謝いたしております。

おーすとらりあ こどもとしょかん の立ち上げのきっかけは、我が子の日本語力の停滞を心配してのことでした。 海外生活において子どもの日本語不足を補い向上させていくためには、家族や友人との日常会話だけでは、質、量ともにとても間に合わないことは多くの方がお気づきの通りです。 私も、絵本の読み聞かせが必要不可欠だと分かってはおりましたが、環境的に日本語の絵本が少ないという現実がありました。

購入しようとすれば、本代や送料には結構な金額がかかります。 この方法では経済的に厳しく、また、子どもの成長段階に合わせた満足のいくような良質な絵本を十分に読んであげることはできません。
そう気付いたと同時に、同じように考える親御さんたちが周りにたくさんいらっしゃることを知ったのです。 「私と同じように困っているママがたくさんいる。」 この状況が私の背中を押してくれました。

このような経緯もあり、こどもとしょかんの立ち上げにおいては、まず、
 1.1冊分の購入予算で10冊の絵本をご家庭にお届けできるような料金設定にする
 2.図書は良質なものを揃える
という二大目標を掲げたのです。

システムの構築と準備には一年を費やしました。 目標達成のためには、まずウェブサイトはお金をかけずに手作りで経費削減です。 私はコンピューターの扱いに関しては素人でしたから、「HTMLって何?」という一のところから勉強し、主人と一緒に何とか現在のウェブサイトを作り上げました。

図書の選定に関しましては、バイリンガル教育、幼児教育、日本語教育の専門分野の方々よりの温かいご協力を頂戴し、また、図書の仕入れに関しましては、こどもとしょかんの主旨をご理解いただいた仕入れ専門の業者の方々に、本当に良心的な低料金にてご協力をいただきました。 さらに、物流会社に勤める友人が全面的に協力してくれたお陰で輸出入に関する手続きが円滑に進み、話の経緯を知った上司の方が料金を下げてくださるなど、コストを削減できたというのも大きな助けとなりました。

こうして、当初の目標どおり、蔵書には高い質をもちながらも何とか料金設定は低く抑えられた形でこどもとしょかんを始めることが出来たのです。 ご協力いただきました関係者の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

我が子の話に戻りますと、長男が幼少の頃から一緒に楽しんだ絵本の数は相当な数になると思います。
その子もいまや高校生になりましたが、自他共に認める「本の虫」。 英語でも日本語でも本を楽しむ事のできる本好きに育っています。

そして、本好きであるお陰でしょうか、英語力に関しては義務教育の間は現地校(英語での授業)の成績は全科目でトップクラスに位置し、高校へもアカデミック枠で入学しましたので、問題ないと思われます。
日本語の方はというと、義務教育までの四教科の教科書(国語、数学、科学、社会)をほぼ難なく読みこなすなど、こちらも独学ながらかなりの語彙力を有していると自負しております。
彼の言葉の能力は安定し、英語と日本語を混ぜて使うことはありません。

長女もまた大変な本好きに育っています。 彼女はオーストラリア生まれです。 
もちろん、毎日の読み聞かせは欠かせません。 集中している時には、彼女にせがまれるまま、一気に10冊くらいの絵本を読むこともあります。
日本語力はもっぱら絵本で培ってきました。 幼いながらも、自身がバイリンガルであることに自信を持っている様子です。

この二人の子育てを通じ、会話だけではとても補いきれない部分を「読み聞かせ」に助けられ、親として、絵本のありがたみをひしひしと感じています。

おーすとらりあ こどもとしょかん の理念の一つに、「絵本を通して子どもたちに日本語に親しんでもらう」というものがあります。 ご家庭によって、日本語に関する環境や子どもの将来への希望は様々かとは思います。 しかしながら、きっと親としての願いはただ一つ、「自分のルーツである日本を、ひいては日本語を好きであってもらいたい」ではないでしょうか。

これまでこどもとしょかんと歩みを共にした子どもたちの日本語力の成長ぶりは予想を遥かに超えるものでしたが、ご訪問先にて絵本を手にした彼らの満面の笑顔を見ると、日本語力云々という話など忘れてしまいそうになります。 彼らは、大好きなお母さん、お父さんに絵本を読んでもらえることが、楽しくて嬉しくて仕方が無い様子なのです。 こんな時は、「何よりも子どもたちの笑顔こそが大切」 だと感じずにはいられません。

現在、ご利用の方々より、こどもとしょかんのサービスが大変大きな評価をいただき、七年間の歩みが着実に皆さまのお役に立っていると感慨深く感じております。

これからも、絵本と一緒に幸せな時間をお届けする意識を高く持ち続けながら、さらに図書の質を向上させることに精進し、ご家庭における日本語環境の充実に心をこめてサポートしてまいりたいと考えております。

今後とも変わらぬお引き立てを賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

おーすとらりあ こどもとしょかん
ブリスベン館長 米川 聡子



ご利用者さまの声を募集

おーすとらりあ こどもとしょかん は、子ども達を想いながら歩みを進めます。

にほんご絵本の貸し出しを始めるにあたって、利用して下さる方々の求めるものは何だろうかと色々考えました。

おーすとらりあ こどもとしょかん が単なる絵本の提供にならないように、
また、提供する側の押し付けにならないようにする為に
利用して下さるお一人お一人のご意見を必要としています。

感想なども是非お寄せください。
最初、お子さんの反応はいかがでしたか?  3か月後、様子はどう変わりましたか?

どうか皆さんの 声 をお聞かせ下さい。

みなさんといっしょにステキなとしょかんを作っていきたいと思っています。

ご意見、ご感想のお便りは大歓迎!!
   お問い合わせは メールフォーム をご利用下さい。


ご利用プランと料金について知りたい方は プランのご案内 へどうぞ

どんな絵本があるのか知りたい方は 絵本を探す へどうぞ


Copyright(c)2018 Australia Kodomo Toshokan All rights reserved.